1. 不動産経済FAX-LINE

刊行物・CD/DVD

不動産経済FAX-LINE

経営・事業化情報をファクシミリで提供。政策・市場動向・技術動向(商品企画/新事業)に焦点を当てた特集記事のほか、首都圏エリアの市場分析、物件売れ行き速報、短期経済観測等を掲載。
(毎週水曜日Fax配信)


※表示価格には消費税は含まれておりません
定期購読3カ月¥36,000
定期購読6カ月¥72,000
定期購読1年間¥144,000

バックナンバー

さらに見る

2017/02/15 No1109

【FOCUS】富士山のトリック(日本水フォーラム代表理事 竹村公太郎)
【INBOUND】インバウンドを生かした不動産価値の向上とは何か(やまとごころ 代表取締役 村山慶輔)
【ハワイ不動産市況】強い需要に支えられ住宅・リテール市場好調続く(Suzanne Nakano Realty社長・CCIM会員 スザーン・ナカノ)
<AREA MARKET>供給3期連続減少 価格下落(横浜市/南・磯子区)
<今週の発売物件>2月第2週の発売は約359戸(2/7~13) 

2017/02/08 No1108

【FOCUS】矛盾を内包する「米国第一」のゆくえ(評論家 中野剛志)
【地震対策】超高層マンションは憧れか?リスクか?((有)studio harappa 村島正彦)
【首都圏マンション】2016年は11.6%減の3万5772戸 価格が4年ぶりに下落-2017年は3.8万戸 価格下がる近郊エリアから復調-(不動産経済研究所 企画調査部 主任研究委員 松田忠司)
<AREA MARKET>供給減少500戸台 価格上昇(横浜市/鶴見区)
<今週の発売物件>2月第1週の発売は約225戸(1/31~2/6)

2017/02/01 No1107

【FOCUS】「固有の領土」という妄想(評論家 西部邁)
【POLICY】統制経済か?(アーキネット代表 横浜国立大学先端科学高等研究院客員教授 織山和久)
【近畿圏マンション】2016年供給は微減、価格・契約率上昇(不動産経済研究所 大阪事務所 所長 笹原雪恵)
<AREA MARKET>供給7割減 価格大幅上昇(横浜市/中区)
<今週の発売物件>1月第5週の発売は約318戸(1/24~30)
<不動産経済・短期観測調査結果>経営・マンション・戸建て現況、マンション・流通見通しそれぞれ改善

2017/01/25 No1106

【FOCUS】オバマ時代へのお別れ(東日本国際大学客員教授 森田浩之)
【VR・AR市場】VR・仮想現実はコミュニケーションの未来をいかに拓くか?(作家・五感生活研究所 代表 山下柚実)
【Building Market】先行きに注視は必要も市場は堅調に推移(みずほ証券株式会社 市場情報戦略部 上級研究員 石澤卓志)
<AREA MARKET>供給大幅減 総額2期連続6000万円超(横浜市/神奈川・西区)
<今週の発売物件>1月第4週の発売は約258戸(1/17~23)

2017/01/18 No1105

【FOCUS】崩壊必至のアメリカ大都市圏高級賃貸マンション市況(経済アナリスト・文明評論家 増田悦佐)
【温暖化対策】パリ協定の読み方(国連環境計画・金融イニシアチブ 特別顧問 末吉竹二郎)
【地域活性化】地域政策や活性化事業も「生産性改善」が肝(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事 木下斉)
<AREA MARKET>供給減少 総額23期ぶり7000万円超(荒川区)
<今週の発売物件>1月第3週の発売は約75戸(1/10~16)

さらに見る