1. 不動産経済FAX-LINE

刊行物・CD/DVD

不動産経済FAX-LINE

経営・事業化情報をファクシミリで提供。政策・市場動向・技術動向(商品企画/新事業)に焦点を当てた特集記事のほか、首都圏エリアの市場分析、物件売れ行き速報、短期経済観測等を掲載。
(毎週水曜日Fax配信)


※表示価格には消費税は含まれておりません
定期購読3カ月¥36,000
定期購読6カ月¥72,000
定期購読1年間¥144,000

バックナンバー

さらに見る

2017/05/24 No1123

【FOCUS】不動産制度に残された課題-不動産への信用を取り戻すために-(法政大学社会学部教授 長谷部俊治)
【POLICY】都市中心部ビル建替え時の交通政策と駐車場附置義務(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事 木下斉)
【STRATEGY】CRE戦略論(上) 企業経営における位置付けと役割(株式会社ニッセイ基礎研究所 社会研究部 上席研究員 百嶋徹)
<AREA MARKET>供給4割減600戸台 坪400万円上回る(新宿区)
<今週の発売物件>5月第3週の発売は約572戸(5/16~22)

2017/05/17 No1122

【FOCUS】スーチー政権の1年-成果と課題(政策研究大学院大学 教授 工藤年博)
【ECONOMY】今後の経済展望と投資環境(第一生命経済研究所 経済調査部 首席エコノミスト 永濱利廣)
【CLOSE UP】不動産の新しい可能性への挑戦-AI分析・予測システム開発の着眼点と取り組み-((一財)日本不動産研究所 研究部 REA-Tech研究開発グループ グループ長 幸田仁) 
<AREA MARKET>供給増加 総額4期連続5000万円超(大田区)
<今週の発売物件>5月第2週の発売は約270戸(5/9~15)

2017/04/26 No1119

【FOCUS】東京の丹頂鶴―土地の歴史―(日本水フォーラム代表理事 竹村公太郎)
【不動産登記】土地と建物を別個の不動産とする功罪(司法書士 石田光曠)
【CLOSE UP】創立60周年を迎え、グループ総合力のさらなる向上を(野村不動産ホールディングス(株)代表取締役社長・グループCEO 沓掛英二)
<AREA MARKET>供給減少 坪単価4期連続200万円台(さいたま市/浦和・桜・南・緑区)
<今週の発売物件>4月第4週の発売は約509戸(4/18~24)

2017/04/19 No1118

【FOCUS】要塞化する世界(東日本国際大学客員教授 森田浩之)
【空き家対策】欧米における空き家対策と日本への示唆(富士通総研 経済研究所 主席研究員 米山秀隆)
【マンション政策】団地再生型再開発-求められる行政の積極的関与(弁護士・政策研究大学院大学客員教授 戎正晴)
<AREA MARKET>供給増加もエリアにばらつき 価格上昇(さいたま市/西・北・見沼・岩槻・大宮・中央区)
<今週の発売物件>4月第3週の発売は約202戸(4/11~17)

2017/04/05 No1116

【FOCUS】保護主義を排斥するなかれ(評論家 西部邁)
【USA MARKET-NY-】価格上昇も市場は好調、今が住宅購入の絶好機(NY州リアルター協会 理事 滝田佳功)
【MANAGEMENT】日本企業に見られる、うまくいかない外国人活用の“あるある”(JTB 総合研究所 主任研究員 加藤強)
<AREA MARKET>供給微減も1500戸台維持 価格下落(川崎市/中原・高津・宮前区)
<今週の発売物件>4月第1週の発売は約655戸(3/21~27)
<不動産経済・短期観測調査結果>経営・ビル、現況・見通しともに改善

さらに見る