• トップニュース

国交省、人材確保やネットワーク強靭化

 ―次期物流大綱を検討、宅配ロッカーも  国土交通省は、13年に閣議決定された総合物流施策大綱の目標年次を迎えるにあたり、次期(17年度~20年度)の大綱に向けた検討に入った。有識者による検討会で議論し、6月をメドに検討結果をまとめる。それをもとに大綱案を検討、夏頃の閣議決定を目指す。  対応が求められる検討課題は、①人材の確保②IoT、自動運転、ドローンなどの技術を活用した生産性向上③多様...続きを読む>> [2017/03/24]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2017/03/24企業経営
サンシャインシティ、物件取得で拡大へ

―5年で数百億、まず神宮前で商業店舗  サンシャインシティは、新たな外部資産を取得して資産を拡...

2017/03/24管理・リフ
近鉄不、奈良で和風戸建てをリノベ販売

 近鉄不動産は、奈良市松陽台で83年建築の自社による注文住宅をリノベーションし、販売を開始した。同社...

2017/03/24不動産金融
ESR、パナ尼崎工場を大型物流に開発

 ESRは、兵庫県尼崎市のパナソニック尼崎第一・第二工場を取得し、物流施設「ESR尼崎ディストリビュ...