• トップニュース

国交省・概算要求、空家対策などで増額

 ―子育て・高齢者向けセーフティネットも  国土交通省は29日、17年度予算概算要求を公表した。一般会計で今年度当初予算比15%増の6兆6654億円を要求。このうち、新しい日本のための優先課題推進枠は1兆4179億円。公共事業関係費は同16%増の6兆183億円で、非公共事業は同8%増の6472億円となっている。空き家対策や既存住宅流通・リフォーム市場の活性化、子育て世帯や高齢者世帯の住まい確保...続きを読む>> [2016/08/30]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2016/08/30団体動向
住団連、IоT支援や住宅版NISAを

―来年度税制では消費税の負担軽減要望  住宅生産団体連合会は、来年度の政府予算・税制改正要望と...

2016/08/30企業経営
東建、過熱感警戒で短期回転事業を加速

―売却前提に小型商業や宿泊型ホテル開発  東京建物は、事業ポートフォリオの多様化と市場過熱によ...

2016/08/30マンション
日土地、住宅事業拡大に向け新ブランド

―今後3~5年で年間3百~5百戸供給  日本土地建物は、新築分譲マンション・戸建て、賃貸マンシ...