• トップニュース

国交省、密集市街地の整備で公有地活用

 ―都と連携、住宅版の連鎖型再開発構想  国土交通省は、密集市街地の早期改善に向け、国や自治体が保有する公的不動産(PRE)を種地として活用する「連鎖型再開発」の推進に向けた検討を開始した。まず既存の公有地の情報一元化を進める。東京都とは都の売却予定以外の都有地や区が保有する公共施設などについて情報を整理していく。予算制度も見直し、来年度から自治体に対し再開発事業のコーディネートに係る費用の補...続きを読む>> [2014/10/22]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2014/10/22政策・制度
特区の東京圏区域会議に都市再生分科会

―国交省など、各プロジェクトの問題共有  東京都と国土交通省、内閣府、特別区、民間関係事業者は...

2014/10/22オフ・賃貸
三井不、立川・立飛駅直結のららぽーと

―立飛ホールディングスと、来年秋開業へ  三井不動産は、立飛ホールディングス(東京・立川市、村...

2014/10/22マンション
モリモト、機能美追求した戸建分譲展開

―「ディアナ」冠し、山王と経堂で第1弾  モリモトグループは、高品位分譲マンションブランド「デ...

2014/10/22管理・リフ
長谷工G、賃貸管理戸数10万戸達成へ

―社宅管理代行はウェブシステムを刷新  長谷工コーポレーショングループは、賃貸管理戸数の増加に...