• トップニュース

反動減で14年度の住宅着工は8%減へ

 ―建研予測、持家と分譲戸建は2ケタ減  建設経済研究所は23日、独自の建設経済モデルで試算した「建設投資の見通し」を発表し、13年度の住宅着工戸数を前年度比10・7%増の98・82万戸、14年度を8・2%減の90・71万戸と予想した。消費増税後も貸家の着工が堅調を維持しており、1月発表時点では、13年度を96・07万戸、14年度を89・84万戸と予想していたが、それぞれ上方修正した。  ...続きを読む>> [2014/04/24]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2014/04/24マンション
近鉄不と京阪不、長谷工、王子285戸

―関西私鉄勢、首都圏はJVで開発を推進  近鉄不動産、京阪電鉄不動産、長谷工コーポレーションの...

2014/04/24団体動向
全国のエリマネ団体がフォーラム開催

―公共空間の活用、組織の財源など議論  全国のエリアマネジメント団体が集結した「まちづくりフォ...

2014/04/24注文住宅事
大和ハ、竣工前の住宅をバーチャル体験

 大和ハウス工業は、施主が建築を計画している住宅を、バーチャル技術を通じて体感できる施設などを設けた...

2014/04/24不動産仲介
ナイス、大崎に女性向けの総合情報店舗

 ナイスは26日に、ナイス住まいの情報館「~女性のステキ生活提案サロン~住まいるcafe VINIC...

  • マンション・建売市場動向
  • お知らせ

お知らせ

お知らせ一覧

2014/04/23
新日本有限責任監査法人が5月16日に開催するセミナーに協賛しています。
2014/04/22
マンションデータ検索サービスを4月度版に更新いたしました
2014/04/22
会員サービス名の変更のお知らせ 「(速報)データ検索サービス」が「マンションデータ検索サービス」に変わりました
2014/04/18
ホームページをリニューアルいたしました。
2014/04/15
国土交通省において、午後1時から 首都圏・近畿圏マンション市場動向 2014年3月度を発表いたしました