1. 不動産経済FAX-LINE

刊行物・CD/DVD

不動産経済FAX-LINE

経営・事業化情報をファクシミリで提供。政策・市場動向・技術動向(商品企画/新事業)に焦点を当てた特集記事のほか、首都圏エリアの市場分析、物件売れ行き速報、短期経済観測等を掲載。
(毎週水曜日Fax配信)


※表示価格には消費税は含まれておりません
定期購読3カ月¥36,000
定期購読6カ月¥72,000
定期購読1年間¥144,000

バックナンバー

さらに見る

2018/02/14 No.1160

【FOCUS】2018年は欧米不動産価格大暴落の年?(経済アナリスト・文明評論家 増田悦佐)
【まちづくり】福岡市がコンパクトシティを維持できた制約と戦略(エリア・イノベーション・アライアンス代表理事 木下斉)
【INTERVIEW】ホテル事業へ参入、インバウンドのグループ旅行ニーズに対応((株)コスモスホテルマネジメント 代表取締役社長 藤岡英樹)
<AREA MARKET>供給減少300戸台 坪単価200万円超(川口市)
<今週の発売物件>2月第2週の発売は約397戸(2/6~12)

2018/02/07 No1159

【FOCUS】人は二度死ぬ:高齢化と住宅(日本大学教授・マサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員 清水千弘)
【ENVIRONMENT】Carbon Disruption-CO2による創造的破壊が始まった-(国連環境計画・金融イニシアチブ 特別顧問 末吉竹二郎)
【首都圏マンション】2017年は0.4%増の3万5898戸 都区部好調で4年ぶり増加-2018年は3.8万戸 大型案件発売で郊外も復調-(不動産経済研究所 企画調査部 主任研究員 松田忠司)
<AREA MARKET>供給増加1千戸超 坪単価上昇(さいたま市/浦和・桜・南・緑区)
<今週の発売物件>2月第1週の発売は約362戸(1/30~2/5)
<不動産経済・短期観測調査結果>流通のぞき全項目で現況「改善

2018/01/17 No.1156

【FOCUS】ミャンマーでの水サミット会議-縦割り行政の克服-(日本水フォーラム代表理事 竹村公太郎)
【POLICY】行き詰まる社会保障制度(下)-給付拡大の前に抜本的な組替えが必要-(法政大学社会学部教授 長谷部俊治)
【CLOSE UP】2018年住宅・不動産マーケットの展望と注目点-働き方改革、100年シフト、テクノロジー進展はどう影響するか-(みずほ証券 上級研究員 石澤卓志)
<AREA MARKET>供給減少 坪単価3期連続250万円超(川崎市/中原・宮前・高津区)
<今週の発売物件>1月第2週の発売は約109戸(1/9~15)

2018/01/10 No.1155

【2018年展望】魅力的なまちづくりと豊かな住生活の実現で経済成長に寄与(一般社団法人不動産協会理事長 菰田正信(三井不動産㈱社長))
【FOCUS】安定と混沌のはざまで(東日本国際大学客員教授 森田浩之)
【2018年経済展望】リスクは水面下で膨張、それでも景気拡大は続く(マネックス証券株式会社 執行役員チーフアナリスト 大槻奈那)
【不動産市況展望】首都圏マンションのキーワードは「郊外の逆襲」(株式会社不動産経済研究所 代表取締役社長 高橋幸男)
【不動産経済・短期観測調査結果】マンション・戸建て・ビル・流通で見通し“変わらない” 

2017/12/27 No1154

【FOCUS】核武装してどこが悪い(評論家 西部邁)
【PPP】企業と住民等との協働による『価値の共創』(CSV)について(
PPP地域経営支援センター 金志煥)
【SENIOR BUSINESS】知ってると便利 シニアビジネスの極意-第8回 シニア市場は「退職男性の市場」という俗説-(村田アソシエイツ代表・東北大学特任教授 村田裕之)
<AREA MARKET>供給増加 坪単価2期連続200万円超(川崎市/川崎・幸区)
<今週の発売物件>12月第4週の発売は約136戸(12/10~25)

さらに見る