• トップニュース

11月のマンション市場動向・首都圏、発売は2・8%増で3461戸

 ―価格6017万円、契約53・9%と低迷  不動産経済研究所は17日、11月の「首都圏マンション市場動向」を発表した。新規供給戸数は前年同月比2・8%増の3461戸と、3カ月連続の増加となった。一方、初月契約率は53・9%で、16年1月以来の50%台となった。前年同月(67・9%)比では14・0㌽ダウンしている。  11月の供給は全231物件・3461戸で、211物件・3366戸だった前年...続きを読む>> [2018/12/18]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2018/12/18マンション
住友不と住商、所沢でタワマン311戸

―駅前区画整理と一体、坪300万台後半  住友不動産と住友商事は、所沢市の西武鉄道所沢車両工場...

2018/12/18管理・リフ
積水化、タウンマネジメント事業に進出

―「朝霞」初弾、1月に専門部署と子会社  積水化学工業住宅カンパニーは、タウンマネジメント事業...

2018/12/18政策・制度
スーパーシティ、通常国会で法整備へ

 政府は17日、国家戦略特別区域諮問会議を開き、各区域から上がった区域計画の認定を行ったほか、AIや...