• トップニュース

不動産取引のデジタル化推進は一括法で

 ―赤羽国交大臣が河野行革大臣らに要望  赤羽一嘉・国土交通大臣は、22日に河野太郎・行政改革担当大臣、平井卓也・デジタル改革担当大臣の両名と会談し、不動産取引のデジタル化について、一括法での対応を求めた。23日の定例会見で赤羽大臣が明かした。菅義偉政権ではデジタル化、特にさまざまな取引の脱対面・脱書面を強力に進める方針だが、宅建業法だけの改正では不十分。政府全体でデジタル化を進める規制改革を...続きを読む>> [2020/10/26]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2020/10/26政策・制度
長期優良住宅、マンション認定基準緩和

―国交省、既存住宅は増改築なしでも認定  国土交通省は、長期優良住宅制度の認定基準を緩和する。...

2020/10/26企業経営
タスキ、CF参入・初弾の保育園公募へ

―マザーズに上場、マンション事業を拡大  投資用マンション開発・販売のタスキ(東京・港区、村田...

2020/10/26市場・統計
住まいの温熱環境がアンチエイジングに

―旭化成建材快適空間研究所の調査で判明  旭化成建材の調査研究機関の快適空間研究所がまとめた「...