• トップニュース

国交省、土地基本法と国土調査法改正へ

 ―2月4日閣議決定、3月中の成立目指す  土地の基本理念を定める土地基本法が、89年の制定以来30年ぶりに今国会で改正される。人口減少や土地の利用ニーズの低下が進み、所有者不明土地や管理不全の土地が増加。周辺に悪影響を与えないよう、土地に対し「管理」の重要性を明確化することを軸に、土地政策を再構築する。国土交通省は、国土調査法の改正も含め「土地基本法等の一部を改正する法律案」として、2月4日...続きを読む>> [2020/01/24]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2020/01/24政策・制度
総務省、行政支援マンションを実地調査

―届出制度設ける自治体対象、効果把握へ  総務省の関東管区行政評価局は、「マンションの適正な管...

2020/01/24オフ・賃貸
パナソニックH、吹田で高齢者向け住宅

―市と連携したまちづくり、2月から稼働  パナソニックホームズが大阪府吹田市と連携して進めてい...

2020/01/24マンション
フォーユーと飛島、新浦安で建売団地

―統合後初の共同事業、初弾30棟年内販売  フォーユーと親会社の飛島建設は共同で建売住宅団地の...