• トップニュース

大手デべ、物流施設の開発ラッシュ続く

 ―東建は新用地を取得、野村不は大型投資  大手デベロッパーによる物流施設の開発ラッシュが続いている。東京建物は神奈川県内で2カ所の開発用地を取得した。野村不動産が東京都青梅市で開発した物件には自家消費用の太陽光発電システムを搭載し、満床で稼働を始めた。同社は本年度から2年間で総額約850億円...続きを読む>> [2021/09/24]

さらに見る

日刊不動産経済通信

2021/09/24マンション
長谷工G、新築の新集客手法を本格展開

―動画と細かなターゲット設定でDX推進  長谷工グループでデジタルマーケティング・ソリューションを提供するデベロップジャパン(東京・港区、高橋友広社長)は、動画広告の作成から配信・分析まで担うD...

2021/09/24市場・統計
売物件の成約数は前年の反動で12%減に

―8月の4レインズ、在庫減は16カ月連続  不動産流通推進センターは全国の指定流通機構のレインズシステムにおける8月の活用状況をまとめた。売り物件の成約報告件数は前年同月比12・8%減の1万37...

2021/09/24リゾ・ホテ
オープンハ、東大らと群馬の温泉街再生

―行政や地銀と協定、リゾート事業に参入  オープンハウスは、東京大学大学院工学系研究科や群馬銀行らとともに温泉街として知られる群馬県みなかみ町の地域再生に乗り出した。22日に行政や地銀らと共同で...