• トップニュース

コロナ拡大後、住み替え意向強まる傾向

 ―国交省調査、希望の住宅は新築志向強い  国土交通省は、新型コロナウイルスの感染拡大が住まいや暮らし方にどのような影響を与えているか調査し、3000件の回答結果を公表した。感染拡大の前後で住み替え意向に変化があった人は約1割存在することが分かった。  今後の住み替え意向に「影響を受けた」と答えた人は10・1%。感染拡大前は「できれば住み続けたい」と考えていた人(回答66件)のうち、25%が...続きを読む>> [2021/01/21]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2021/01/21政策・制度
河川流域、浸水危険エリアの開発を規制

―国交省、流域治水関連法案を今国会提出  国土交通省は、2月上旬をメドに「特定都市河川浸水被害...

2021/01/21オフ・賃貸
東建ら3社、オフィス空調をAIで制御

―実証実験で消費エネルギーを5割削減  東京建物、TOKAIコミュニケーションズ、内田洋行の3...

2021/01/21市場・統計
住宅リフォーム費用の平均は356万円

―推進協、戸建ては断熱性能向上が目的  住宅リフォーム推進協議会がまとめた「住宅リフォームの...