• トップニュース

国交省補正、災害復旧重点に1・2兆円

 ─マンションに浸水対策行う再開発を支援  政府は13日、災害復旧に重点を置いた19年度補正予算案を閣議決定した。国土交通省関連の補正予算総額は1兆2634億円。内訳は、災害からの復旧・復興に1兆1252億円、経済の下振れリスクを乗り越えようとする者への重点支援に103億円。未来への投資と東京五輪後も見据えた経済活力の維持・向上に1279億円とした。  災害からの復旧・復興の分野には、防災・...続きを読む>> [2019/12/16]

  • 日刊不動産経済通信

さらに見る

日刊不動産経済通信

2019/12/16企業経営
ラサール、1千億円超コアファンド始動

―海外からも資金調達、5千億円規模目標  ラサール不動産投資顧問が11月に運用を始めた「ラサー...

2019/12/16オフ・賃貸
大阪駅西側エリアで大規模再開発計画

―JR西の駅ビルと日本郵便らのビル等  大阪市のJR大阪駅の西側エリアで、大規模再開発計画が始...

2019/12/16不動産仲介
外壁亀裂のAI画像診断システムを開発

―リバブルら、来夏メドに戸建検査に導入  東急リバブル、ジャパンホームシールド、Rist(東京...