1. 不動産経済ファンドレビュー

刊行物・CD/DVD

不動産経済ファンドレビュー

不動産経済ファンドレビュー

プライベートファンドの詳細一覧やファンド向けローンレンダーの業績一覧、Jリートのリターン分析、キーパーソンの提言・市場見通しをはじめ、FOF分析、不動産売買情報などの最新情報を掲載。
毎月5・15・25日発行。

詳細は下記「FAXでのお申込」をクリックしてご確認下さい。


※表示価格には消費税は含まれておりません
3カ月購読¥45,600
6カ月購読¥91,200
年間購読¥182,400
バックナンバー 1冊¥5,100

バックナンバー

さらに見る

2019/01/15 No.486

■Opinion■
数学を美人コンテストにしたのは誰だ!
森平 爽一郎(慶應義塾大学名誉教授)
■Deal Information■
JHRが「ヒルトン東京お台場」を624億円で取得
■Private Fund List■
リーマン前と比べて危機耐久力高まった回答が6割
■Lenders List■
三井住友海上火災保険など43機関、貸出金利息収入ランキング
■Interview■
矢野 秀樹(アジア太平洋不動産協会(APREA)日本支部会長)
■Topics■
ARESが私募ファンド用のガイドラインを制定/日本エスコンが底地投資のリートを上場
■Focus■
2019年以降の住宅・不動産業に3大潮流―「所有と利用の分離」でハードよりもソフト
■Value-Up■
築22年のオフィスビルに「職住近接」レンタルオフィス― MID POINT 目黒不動前
■Inside Story■
地方税減税に厳しかった税制議論、リノベ物件は小型化・多様化へ

2018/12/25 No.485

■Opinion■
スマートシティ
浅見 泰司(東京大学大学院工学系研究科教授)
■Deal Information■
IORがオフィス「乃木坂」「南大塚」を計61億円で取得
■J-REIT Benchmark■
REIT全体のトータルRは低下傾向で推移、個別分析:MTH
■Interview■
杉本 啓二(東京インフラアセットマネジメント 社長)
■Topics■
三菱地所など「丸の内二重橋ビル」が竣工/「八重洲二丁目北地区」の再開発事業が着工
■Focus■
市場拡大に求められるのは認知度向上―期待高まるセルフストレージ市場
■Fund of Funds■
総資産額は1.3%増の4兆4350億円

2018/12/15 No.484

■Opinion■
民泊新法施行から半年
竹内 一雅(大和不動産鑑定株式会社 不動産市場調査室 主席研究員)
■Deal Information■
APIが「東急プラザ銀座」の底地持分などを計705億円で取得
■Lenders List■
三菱UFJ銀行など43機関、不動産業向け貸出ランキング
■Interview■
髙坂 健司(ADインベストメント・マネジメント 社長)
■Global Report■
テクノロジー・ディスラプション再考
■Focus■	
利便性重視で23区がけん引する―首都圏中古マンション市場を見る
■Insiders Discussion■
購入者の多様化が進んだ、鉄道会社が軒並み本格参入
■Inside Story■
マンション工事に目立つ遅延、観光庁が発足から10年

2018/12/05 No.483

■Opinion■
北アイルランド住宅価格の意外な上昇
菅野 泰夫(大和総研 ロンドンリサーチセンター長 シニアエコノミスト)
■Deal Information■
三越伊勢丹HDが「サウスゲート新宿」で譲渡益294億円
■Private Fund List■
不動産投資家の積極的な投資姿勢が維持
■Interview■
宰田 哲男(丸紅アセットマネジメント 社長)
■Project■
都市生活の旗艦を目指す街づくり―「HARUMI FLAG」
■Focus■	
1年半を切った改正民法の施行―「契約趣旨」と「契約文言」が重視される意味
■Value-Up■
商業施設は法規制や消費行動の影響強い
■Inside Story■
都心高額中古マンションに停滞感、大阪万博決定でも不動産に影響小?

2018/11/25 No.482

■Opinion■
不動産の特性と不動産投資インデックス
澤田 考士(一般社団法人不動産証券化協会 市場調査部国際室長・部長代理)
■Deal Information■
KRRが仙台の「ソララプラザ」を60億円で譲渡
■J-REIT Benchmark■
REIT全体のトータルRは緩やかな低下が継続、個別分析:ONE
■Interview■
時田 勝司(コリアーズ・インターナショナル・ジャパン マネージング・ディレクター)
■Topics■
地方都市でも不動産証券化活用し創生/ESRが理科大跡地で物流施設「久喜」を竣工
■Focus■
多様化する資金、試されるAM力―リーマン・ショック10年(下)
■Fund of Funds■
総資産額は3.2%減の4兆3740億円

さらに見る