1. 不動産経済ファンドレビュー

刊行物・CD/DVD

不動産経済ファンドレビュー

プライベートファンドの詳細一覧やファンド向けローンレンダーの業績一覧、Jリートのリターン分析、キーパーソンの提言・市場見通しをはじめ、FOF分析、不動産売買情報などの最新情報を掲載。
毎月5・15・25日発行。2015年3月5日発行号で創刊10周年を迎えました。

詳細は下記「FAXでのお申込」をクリックしてご確認下さい。


※表示価格には消費税は含まれておりません
3カ月購読¥45,600
6カ月購読¥91,200
年間購読¥182,400
バックナンバー 1冊¥5,100

バックナンバー

さらに見る

2018/07/15 No.469

■Opinion■
空き家の把握と住宅・土地統計調査
浅見 泰司(東京大学大学院工学系研究科教授)
■Deal Information■
ダイショウが天神の商業3物件を260億円で売却
■Lenders List■
朝日火災海上保険など45機関、貸出金利息収入ランキング
■Interview■
辻 泰幸(インベスコ・グローバル・リアルエステート・アジアパシフィック・インク 日本代表)
■Global Report■
健闘するアメリカのモール~OnlineからOfflineへ(O2O)
■Focus
大量宅地供給問題は回避されるか?―「都市農地の貸借円滑化法」が成立
■Insiders Discussion■
投資行動に大きな変化なし、備えは“共通意識”が出発点
■Inside Story■
民法改正で配偶者居住権を新設、複雑化するホテル市場をどう読む?

2018/07/05 No.468

■Opinion■
民泊解禁と地方中小宿泊施設への期待
竹内 一雅(大和不動産鑑定株式会社 主席研究員)
■Deal Information■
韓国証券2社が東品川「日立B」を310億円で取得
■Private Fund List■
7割の投資家が「市場はピーク」と回答
■Interview■
宮島 大祐(ケネディクス 社長)
■Topics■
東京トラストキャピタルが米国で初投資/住商が新コンセプトの中規模オフィス
■Focus■	
AM力で汗をかきNOI伸ばす―サイクル終盤で分ける投資の成否
■Value-Up■
築46年の狭小団地1室をIoT充実したリノベ住宅に―「bento bianco 立川」
■Inside Story■
万博とIR、期待が高まる大阪、証券化が進まない大手住宅会社

2018/06/25 No.467

■Opinion■
深刻な移民流入減少が英国住宅市場に影響を与える
菅野 泰夫(大和総研 ロンドンリサーチセンター長 シニアエコノミスト)
■Deal Information■
JEIが資産入替で「海老名」を56億円で売却
■J-REIT Benchmark■
REIT全体のトータルRは前月比で横ばいに、個別分析:FRC
■Interview■
福島 寿雄(大和リアル・エステート・アセット・マネジメント 常務)
■Topics■
ラサールがAUMを2200億円増/ダイワロジが物流のシェアリングモデル
■Focus■
住まい方のスタンダードに成長―進化するシェアハウス市場を見る
■Fund of Funds■
総資産額は0.74%減の4兆6232億円

2018/06/15 No.466

■Opinion■
不動産市場の構造変化と市場メカニズム
澤田 考士(一般社団法人不動産証券化協会 市場調査部国際室長・部長代理)
■Deal Information■
THのレジファンドが都内6物件を195億円で取得
■Lenders List■
三菱UFJ銀行など45機関、不動産業向け残高ランキング
■Interview■
酒井 勝久(三菱商事・ユービーエス・リアルティ 社長)
■Global Report■
データセンター投資の潮流
■Focus
まずデータで現状を認識せよ―変わるインバウンドの行動パターン
■Insiders Discussion■
銀行以上に強い株主からの圧力、構造変化が利用価値を変える
■Inside Story■
違法民泊への対応が進むのか、憧れの土地に住むことが出来る?

2018/06/05 No.465

■Opinion■
「国家」不動産戦略
清水 千弘(日本大学スポーツ科学部教授・マサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員)
■Deal Information■
UURが「碑文谷SC」「宇城」を340億円で売却
■Private Fund List■
新規投資意欲は積極姿勢を維持
■Interview■
岩井 裕志(いちご投資顧問 ホテルリート本部長)
■Project■
オフィスをハイブリッドホテルに転換―「NTPR後楽園ビル」
■Focus■	
投資機会と分散求めて活発化―機関投資家の海外不動産投資
■Value-Up■
大規模オフィス供給増でも高稼働維持し賃料は安定から上昇
■Inside Story■
投資家に理解されない海外進出、大規模修繕にも週休2日の波

さらに見る