1. 不動産経済ファンドレビュー

刊行物・CD/DVD

不動産経済ファンドレビュー

プライベートファンドの詳細一覧やファンド向けローンレンダーの業績一覧、Jリートのリターン分析、キーパーソンの提言・市場見通しをはじめ、FOF分析、不動産売買情報などの最新情報を掲載。
(毎月5・15・25日発行)

詳細は下記「FAXでのお申込」をクリックしてご確認下さい。


年間購読¥200,640
6カ月購読¥100,320
3カ月購読¥50,160
バックナンバー 1部¥5,610
見本誌(1部)¥0

バックナンバー

さらに見る

2022/05/15 No.597

■Opinion■
オーバーツーリズム問題
竹内 一雅(大和不動産鑑定株式会社 主席研究員)
■Deal Information■
プロロジス、第一生命と「東京品川」に共同投資
■Private Fund List■
海外投資家は2022年も投資意欲が強いまま
■Lenders List■
三十三銀行など45機関、経常利益ランキング
■Interview■
松田 淳(KPMGヘルスケアジャパン代表取締役)
■Global Report■
日本の不動産投資市場で存在感が高まる海外投資家
■Focus■	
マイホーム売買のイノベーション―仲介システムから人材育成、建設工法まで
■Value-Up■
築21年のビルを従前の特徴活かしつつリノベート―「the Folks BY IOQ」
■Inside Story■
対ロ経済制裁で材料単価さらに上昇/「マンションは管理を買え」が進む?

2022/04/25 No.596

■Opinion■
対ロシア制裁の副作用は英国の不動産にも
菅野 泰夫(大和総研ロンドンリサーチセンター長 兼シニアエコノミスト)
■Deal Information■
ガウC、オフィス「府中」取得しDCを一体開発
■J-REIT Benchmark■
REIT全体のトータルRの改善幅は縮小:個別分析:JHR
■Interview■
伊澤 毅洋(東急不動産リート・マネジメント常務執行役員)
■Topics■
ホテル利用が前提の分譲マンション事業が始動/東急不がコンパクトビルの新シリーズを展開
■Focus■
実需と投資の両面で魅力高まる―価値を毀損しないヴィンテージマンションの強み■Fund of Funds■
総資産額は6.35%増の3兆7528億円

2022/04/15 No.595

■Opinion■
鉄道の社会的な存在意義
浅見 泰司(東京大学 副学長、大学総合教育研究センター長
大学院工学系研究科都市工学専攻教授)
■Deal Information■
HFR、オフィス「心斎橋」取得しレジと入替え
■Lenders List■
損害保険ジャパンなど45機関、Jリート向け融資残高ランキング
■Interview■
三浦 嘉之(GLP ジャパン・アドバイザーズ 社長)
■Global Report■
賃貸住宅市場が注目されている
■Focus■
高価格でも不動産への強い投資意欲―弊社開催の不動産経営者講座から(下)
■Insiders Discussion■
商業地にはまだら模様がある、公示地価に欲しい容積率の視点
■Inside Story■
賃貸レジは新企画で高賃料を狙う/戸建て注文住宅はソフト面を重視

2022/04/05 No.594

■Opinion■
住宅市場のアフォーダビリティとは?
清水 千弘(一橋大学ソーシャル・データサイエンス 教育研究推進センター教授)
■Deal Information■
JRE、オフィス「豊洲」持分を255億円で取得
■Private Fund List■
私募ファンド市場は24.1兆円に拡大
■Interview■
辻󠄀 貴史(CBRE マネージングディレクター)
■Topics■
双日とGSが住宅分野で年間400億円投資/都心最大級の再開発事業が始動
■Focus■	
新たなフェーズを迎えた不動産市場―弊社開催の講座から(上)
■Value-Up■
江戸から現代、そして未来へ ―「花重」プロジェクト
■Inside Story■
地理空間情報使い新サービス創出、電子契約、賃貸でニーズあり

2022/03/25 No.593

■Opinion■
不動産インデックスの整備過程と今後の展望
澤田 考士(一般社団法人不動産証券化協会 市場基盤ディビジョン長(市場情報担当))
■Deal Information■
TRE、オフィス「目黒東山」を81億円で取得
■J-REIT Benchmark■
REIT全体のトータルRは引続き順調に改善:個別分析:NRT
■Interview■
貝塚 浩康(ジャパンコー CEO)
■Topics■
米KKRが三菱商事UBSRを2300億円で買収/伊藤忠系リートが新ブランド戦略を展開
■Focus■
安定感に投資が向かう学生住居―市場規模拡大へ新たなビジネスモデル必要
■Fund of Funds■
総資産額は2.56%減の3兆5288億円

さらに見る