第113回不動産経営者講座【オンラインセミナー】

不動産ビジネスの持続的成長戦略

 【基調講演】
大和ハウス工業の経営方針—持続的成長モデルの構築―
 【投資l・国内市場】
日本の不動産に注目する海外投資家と、JapanCorの挑戦
 【投資ll・海外市場】 
クロスボーダー投資とグローバル不動産市場の動向
 【分譲マンション】
変化の兆しが見える新築分譲マンションマーケットと住まいに求められる新しい価値
 【賃貸レジデンス】
賃貸住宅マーケットの動向とトレンド変化を捉えた商品企画について~当社の事例をもとに~
 【オフィス市場】
オフィス市場アウトルックーグローバル市場との比較を踏まえて—
 【不動産流通×DX】
ネット不動産解禁・不動産売買業務のオンライン化とその未来像
 【ホテル運営】
交流拠点となるホテルによるまちづくり
日時
会場 オンライン視聴期間:8月16日-9月2日
主催 不動産経済研究所
受講料 ¥30,000 (税込¥33,000)
お申込み
FAXまたはWEBでお申込みいただくと共に、受講料1名につき33,000円(税込)を下記口座にお振込みください。お申込み受付後に受講ご案内メールをお送りいたします(メールアドレスをご明記ください)。

 三井住友銀行 新宿通支店 普通 7100053
 名義:㈱不動産経済研究所 カ)フドウサンケイザイケンキュウショ

※請求書は発行いたしません。領収証は振込書の控えをもって代えさせていただきます。お振込手数料はお客様がご負担下さい。
※ご入金後やセミナー視聴用URL送付後のキャンセルはお受けできません。ご都合が悪くなった場合は代理の方のご受講をお願いいたします。
プログラム
大和ハウス工業の経営方針
—持続的成長モデルの構築―
大和ハウス工業 社長 CEO
芳井 敬一 氏 (ヨシイ ケイイチ)
1958 年生まれ。中央大学文学部卒業後、神鋼海運(現神鋼物流)を経て、1990 年大和ハウス工業入社。姫路や金沢などの支店長を歴任後、2011 年取締役上席執行役員、13 年取締役常務執行役員、16 年取締役専務執行役員、17 年代表取締役社長、20 年より現職。
日本の不動産に注目する海外投資家と、JapanCorの挑戦
JapanCor CEO
貝塚 浩康 氏 (カイヅカ ヒロヤス)
米ワシントン州立大学大学院(経営修士課程)卒。89 年カナダロイヤル銀行、93 年リチャード・エリス(現CBRE)、99 年ゴールドマン・サックス・リアリティ・ジャパンなどに勤務。13 年からゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントで不動産運用部部長として私募REIT(ジャパン・プライベート・リート)や私募ファンドのエクイティ調達、ローン調達、物件投資機会発掘、物件評価、取得実行、物件運営、IR、出口戦略を統括。17 年ロードスターキャピタル運用本部長。21 年10 月から現職。
クロスボーダー投資とグローバル不動産市場の動向
ドイチェ・アセット・マネジメント オルタナティブ調査部長 アジア太平洋不動産リサーチヘッド
小夫 孝一郎 氏 (オブ コウイチロウ)
東京大学経済学部卒。1995 年4 月住友銀行(現三井住友銀行)入行。1998 年より同行調査部アナリスト。2001 年より同行調査部ロンドン駐在。2006 年より同行企業調査部にて建設・不動産チームグループ長。2007 年よりドイツ銀行グループに所属。2011 年よりオルタナティブ部門の日・韓リサーチ・ヘッド、2013 年より同アジア太平洋リサーチヘッド。2015 年より同グループのドイチェ・アセット・マネジメント株式会社に所属。2019 年よりオルタナティブ調査部長。APAC インベストメントコミッティメンバー。国内・海外の業界コンファレンス・大学院などで講演・講義多数。投資家向け不動産誌『国内不動産マーケットレポート』、英語誌『AsiaPacific Strategic Outlook』などを執筆。「DWS」はドイツ銀行グループの資産運用部門の世界共通ブランド。
変化の兆しが見える新築分譲マンションマーケットと住まいに求められる新しい価値
コスモスイニシア社長
髙智 亮大朗 氏 (タカチ リョウタロウ)
1990 年 リクルートコスモス(現コスモスイニシア)入社。経理・流通営業・法人営業・賃貸マンション開発などを担当後、2009 年11 月経営企画室へ異動、2011 年から新規事業企画を担当。2013 年レジデンシャル本部西日本支社支社長、2017年執行役員レジデンシャル本部副本部長<流通事業・西日本支社担当>、2019 年取締役常務執行役員ソリュ―ション本部本部長、2020 年10 月代表取締役社長ソリューション本部本部長、2021 年代表取締役社長ソリューション本部本部長兼レジデンシャル本部本部長(現任)
賃貸住宅マーケットの動向とトレンド変化を捉えた商品企画について
~当社の事例をもとに~
三井不動産レジデンシャル 賃貸住宅事業部 事業室 室長
神谷 正樹 氏 (カミヤ マサキ)
1991 年三井不動産入社 都市開発事業部、1997 年名古屋支店、2001 年広報部、2008 年賃貸住宅事業部(2015 年 三井不動産レジデンシャル移管)
オフィス市場アウトルック
—グローバル市場との比較を踏まえて—
クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド リサーチ統括責任者
熊谷 真理 氏 (クマガイ マリ)
コリアーズ・インターナショナル、ラサール不動産投資顧問などを経て21 年10 月にクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドに入社。国内不動産市場の分析、コンサルティングなどを担当する。PIMCO、Citigroup、UBS などの大手金融機関で合計22 年以上に渡って機関投資家向けリサーチアナリストとして勤務した。ムーディーズ社のクレジットアナリストとして、日本国債格下げ時の日本のサブソブリン企業や政府関連企業の格付けプロセスを主導した実績もある。
ネット不動産解禁・不動産売買業務のオンライン化とその未来像
GA technologies 社長執行役員CEO
樋口 龍 氏 (ヒグチ リョウ)
幼い頃より世界的なサッカー選手を目指し、ジェフユナイテッド市原・千葉に育成選手として所属。24 歳でビジネスへ転向。2013 年にPropTech(不動産テック)企業を目指し、当社を設立。オンライン不動産取引マーケットプレイス「RENOSY」の開発・運営を始め、不動産ビジネスのDX 推進に取り組む。2018 年、創業から5 年で東京証券取引所マザーズ(現グロース)に上場。
交流拠点となるホテルによるまちづくり
UDS 取締役・プロジェクトデザイン事業部執行役員
高橋 佑策 氏 (タカハシ ユウサク)
1979 年長野県生まれ。( 株) イデーを経て、2005 年都市デザインシステム( 現UDS) 入社。企画・設計・運営までを見据えた事業全体をデザインしていくプロジェクトデザイン事業部執行役員を務める。ホテルでの代表的なプロジェクト:ON THE MARKS、HOTEL EDIT YOKOHAMA、HOTEL NUPKA、HOTEL LOCUS、the rescape、ホテル アンテルーム 那覇、ホテル ストレータ 那覇、SOKI ATAMI、all day place shibuya 他