日刊不動産経済通信

新型肺炎で訪日消費額4920億円減に

―三井住友T研が試算、訪日311万人減

 三井住友トラスト基礎研究所は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、20年の訪日外国人客数が311万人減少し、それに伴う消費額の落ち込みは約4920億円に上るとの試算を公表した。SARSが流行した03年のデータを基に、同程度の影響があったと仮定して算出したもの。ただし、SARS流行時と比べて、今回は各国で大幅な移動制限を行っており、インバウンドへ

2020/03/05

記事詳細はこちらへ

最新記事

[2024/05/22] 市場・統計   4月のマンション市場動向・首都圏、発売は42・5%減少の972戸
...
[2024/05/22] 市場・統計   4月のマンション市場動向・近畿圏、発売は31・0%増の1095戸
―価格は5157万円で6カ月ぶりの下落  近畿圏(2府4県)の4月の新築分譲マンション供給戸数は前年...
[2024/05/22] マンション   三井不レジ、東池袋のサロンにMR導入
―一カ所で複数物件見学、展示面積も削減  三井不動産レジデンシャルは東京・豊島区東池袋に昨年開いた販...
[2024/05/22] 企業経営   明和地所、27年3月期の売上高880億
―新中計、分譲は手堅く流通は積極展開  明和地所は最終年度の27年3月期の売上高を24年3月期比23...
[2024/05/22] 市場・統計   住まい売却検討は18%、うち完了は38%
―リクルート、「高く売れる時期」増加  リクルートのSUUMOリサーチセンターは21日、「23年12...

×

2023年6月末をもちまして「Web記事検索」は終了しました。
7月以降はリニューアルした「WEB版」で継続します。
移行が済んでいない、また利用方法がわからない場合は弊社までご連絡ください。
なお、「電子版」の購読者は電子版ログイン画面からWEB版をご利用になれます。